遊戯王のメモ帳 【中~高速闇ドラウイルス】晒し上げ 忍者ブログ
遊戯王はカード考察やデッキ構成。ポケモンはモンスター考察や育成・プレイ日記。あとは一社会人の愚痴なんかを記事にしています。 好き勝手に書いているためにあまり読みやすくないかもです。ごめんね。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔・闇のデッキ破壊ウイルスには課題がたくさんありますね。

・スピード(序盤で打たないと効果が薄い)
・バランス(媒体となるモンスターも、ウイルス自体も重く、事故の危険性がある)
・アイデア(その性質から軸が固定されやすく、柔軟に挑まないと構築が困難)
・スタミナ(打ち方を間違えるとディスアドがひどく息切れしやすい。カウンターにも弱く脆い)

そんなこんなで組み上げた今回のウイルスデッキは、ちょっとアレです。

【モンスター】18枚
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×3 ダーク・クリエイター×3
ダーク・アームド・ドラゴン ダーク・ホルス・ドラゴン×2 バイス・ドラゴン
アックス・ドラゴニュート×2 真紅眼の飛竜×2
メタモルポット ファントム・オブ・カオス×2 終末の騎士

【魔法】17枚
死者蘇生 大嵐 手札抹殺 ハリケーン 生還の宝札 
闇の誘惑×2 トレード・イン×3 D・D・R×2 手札断殺
成金ゴブリン×3 未来融合-フューチャー・フュージョン

【罠】5枚
強欲な瓶 魔のデッキ破壊ウイルス×2 闇のデッキ破壊ウイルス×2


以前紹介した【CDV】は、速度を考慮しつつ安定性を残していたのですが、こいつはかなり極端な形になりました。クリッターも激流葬もキャリアも死デッキすらもデッキアウトです。多少の汎用性を犠牲に、相手のウイルス漬けへ一直線に進んでいきます。

とはいえ初手でぐるぐる回せる可能性は2割弱。大概はウイルス漬けにするまで3~7ターンかかります。また、除去手段が限られているため、見た目より立ち回りが難しく、常にデッキに眠るカードの種類と枚数を意識していないと容易に積む羽目になります。どきどきです。

勿論、慣れれば、ウイルスの効果から各種トップメタ相手に有利な試合展開が望めます。事実、【CDV】と合わせてシングルの勝率は6割5分をマーク(【メタビート】【次元剣闘】相手はさすがにしんどかったですが)。運も絡みますがぼちぼちじゃないですか?

いじるならバイス→ダホル。終末→おろ埋かな? その辺はお好みで。
規律を乱すデッキ構築とプレイング、いろいろ勉強になったデッキでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57

忍者ブログ [PR]